医師求人の短期アルバイトで小さな病院で働いた話

短期アルバイトから正社員医師へ

医師 求人 / 日本最大級の医師採用・募集サイト - 医師転職・求人

次の週の月曜日、鉄アレイを持ち上げていると、ノックの音が響き看護師が患者のカルテと状態が書かれたプリントを持って来ました。
患者が書いたプリントによると、お腹の辺りに痛いような感じがするとありました。
患者が入ってきたので、いつ頃から痛むか聞いてみると、土曜日からと言っていたのでお腹を聴診器で調べました。
便意はありますかと聞くと、数日ほどないですと言うので、便秘が原因と見た私はそのことを伝えると、顔を赤らめながら有難うと言って部屋を出ました。
次に入って来たのは、会社員風の男でしたが、頭痛の要因は上司から受けるストレスが原因なので、ストレス発散方法にゲームが良いと教えておきました。
他にも2人ほどきましたが、それほど重病というわけではなかったため、少し安堵しました。
短期アルバイトとして任期が終える頃には、病院の一員みたいになっていました。
院長が正社員にしてくれると言うので、気楽な職場なので、その話に応じることにしました。

ぎっくり腰で退職を余儀なくされました給料は高くないけど平和でゆっくりできるのがこの病院の魅力♪忙しい現場ばかりを見てきた自分には理想の環境短期アルバイトから正社員医師へ